つうかあの続編2期の放送日はいつ?放送予定や決定の可能性はある?

スポンサーリンク

「つうかあ」は、SILVER LINK.が制作するオリジナルアニメです。SILVER LINK.の10周年作品として、2017年10月より放送を開始しています。

レーシングニーラーというモータースポーツが題材となっているアニメです。

サイドカーが付いたオートバイでレースをし、オートバイを運転する人が「ドライバー」、サイドカーに乗るの人が「パッセンジャー」と呼ばれます。

レーシングニーラーで使われるオートバとサイドカーは、公道を走っているものとは異なり、まるで1つのレースカーにも見える車体をしています。

そんなレーシングニーラーで優勝を目指す女子高校生たちが奮闘する物語です。

 

この記事では、そんな「つうかあ」のアニメ2期の放送予定や可能性に関して、これまでの円盤売上や原作ストック量などを参考にしながら、考察したいと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

つうかあの続編2期の放送日はいつ?放送予定や決定の可能性はある?

つうかあのあらすじから!

レーシングニーラー女子高生部門のエキシビションレースが行われる日。

三宅島を一周するレース「三宅島TT」を優勝したものには、レーシングニーラー本場イギリスでの「マン島TT」への出場権が獲得できるというのです。

 

主人公の宮田ゆり、目黒めぐみは、地元三宅島のレーサー。

全国から集まった一癖も二癖もある美少女レーサーは、猛者たちばかりで、マン島TTへの出場権をかけて、熱い争いの火蓋がきられました。

 

レーシングニーラーについて

レーシングニーラーは、ドライバーとパッセンジャーの2人でするレース競技です。

ドライバーはマシンのアクセルとブレーキを担当し、パッセンジャーは全身を使って体重移動をしてバランスをコントロールします。

 

3輪のアンバランスなレーシングサイドカーで優勝を争うモータースポーツで、ドライバー、パッセンジャー、マシンがシンクロすると、四輪車以上の最速のコーナリングが可能になります。

本場のヨーロッパでは、二輪レースと同様に幅広い年齢層のファンたちがドライバーとパッセンジャーのコンビネーションレースを楽しんでいます。

日本では、富士スピードウェイや筑波サーキットなどでレースを開催されているので、興味がある方は、JRSA(日本レーシングサイドカー協会)と調べてみてくださいね。

スポンサーリンク

「つうかあ」の原作のストックは?

続編を制作する上で重要になっていくのが原作のストックです。原作のストックが多ければ多いほど、続編が作りやすくなります。

それでは、「つうかあ」の原作のストックを見ていきましょう。

 

結論から言うと「つうかあ」の原作のストックは、ありません。

その理由は、「つうかあ」はSILVER LINK.のオリジナルアニメだからです。

 

漫画はありますが、あくまでもアニメ放送後に発売なので、原作とは言えませんので、原作のストックの観点からは、2期を制作するかどうかはわかりません。

 

つうかあのアニメ人気は?

人気も2期を制作するかどうかに大きく関わってくる要素の1つです。

ここでは、DVDの売り上げを人気を測るものさしとして見ていきます。

 

で実際に『つうかあ』の円盤売上の1巻は200本ぐらいだったそうで、相当爆死っていう感じ。

 

あるサイトの人気評価では、最大評価5.0に対して「つうかあ」は3.1だったので、良くも悪くもないという感じでしたが、

一般的にアニメの続編のハードルとしてはBD/DVD売上平均5000枚以上と言われているため、

今後の2期製作は厳しいかなと思います。

でも僕的には結構好きな作品だったので、2期の制作してくれないかな〜。

 

「つうかあ」2期の放送可能性は?

原作のストックと人気の観点から見ると、2期の放送可能性は低いと思います。

人気があまり出ておらず、高い評価は得られていないようです。

この先、人気が高くなればわからないですがこのままでは、難しいと思います。

あくまでも考察なので、外れてしまっていたらごめんなさい。参考程度に見ていただければ、嬉しいです。

スポンサーリンク