りゅうおうのおしごと2期の放送日はいつ?可能性や原作ストックは?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

「りゅうおうのおしごと!」は”白鳥 士郎”氏のライトノベルを原作として、2018年に放送されたテレビアニメです。

ストーリーは、本作の主人公である“九頭 竜八一(くずりゅう やいち)”は、16歳の若さで棋界の2大タイトルの1つである「竜王」を奪取したものの、その後大スランプに陥っており、公式戦において11回連続の敗北を喫しているのでした。

そんな3月のある日、自宅に帰った八一は、なぜか女子小学生の出迎えを受け、その小学生“雛鶴 あい(ひなつる あい)”は、竜王戦で八一と交わした約束から、彼の内弟子としての弟子入りを希望するのでした。

この記事では、そんな「りゅうおうのおしごと!」のアニメ2期の可能性に関して、これまでの円盤売上や原作ストック量などを参考にしながら、放送時期などを考察したいと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

りゅうおうのおしごと2期の放送日はいつ?可能性や原作ストックは?

その前に、「りゅうおうのおしごと!」ってどんな話?

上記の通り、ストーリーは九頭 竜八一が16歳の若さで棋界の2大タイトルの1つである

「竜王」を奪取したものの大スランプの11回連続の敗北を喫した時、

 

女子小学生雛鶴 あいを弟子として取る所から始まります。

これまで弟子を取ることなど考えもしていなかった八一は

「一度対局してあげれば帰るだろう」

と軽い気持ちで対局するが、あいが非常に高い将棋の才能を持つことに気づき、

そのまま弟子として彼女を育ることに決めます。

 

しかし、世間的にみると師弟が一つ屋根の下で生活する内弟子制度は時代錯誤であり、

おまけにその弟子が女子小学生であることから、周囲からはロリコンであることを疑われ、

さらにあいの将棋界入りに反対する両親が娘を連れ戻しにやってくるといった騒動に八一は巻き込まれていくのでした。

 

「りゅうおうのおしごと!」考察1・原作ストックはどれくらい?

アニメ続編の気になる点と言えば、原作ストックの量です。

人気のあるアニメでも、原作ストックがないために続編が制作されないと言うアニメも多くありますよね。

では、「りゅうおうのおしごと!」の場合はどうかと言うと、

2018年3月4日時点で既刊7巻中の2~3巻程度を消費しているので、

2 期放送に必要なストックは恐らく足りるだろうという印象ですね!

スポンサーリンク

 

「りゅうおうのおしごと!」考察2・これまでのアニメ人気は?

アニメの続編制作には、アニメ自体の人気も大きく関わってきます。

原作ストックが有っても、アニメ自体に人気がなければ、アニメの続編は難しくなります。

では、「りゅうおうのおしごと!」の場合はどうでしょうか?

 

アニメの人気を計る指標としてBD/DVDの売上があります。

一般的にアニメ続編のハードルはBD/ DVD売上の平均が5000枚以上と言われています。

で、「りゅうおうのおしごと!」の売上は2600枚ほどだったそうで、だいぶきついですね。

 

しかし、アニメのネット上の評価を見たところ、だいぶ高評価の声が多いので、

そういった点で見れば2期の可能性も期待できちゃうかもです。

 

「りゅうおうのおしごと!」放送の可能性

原作ストックの量やBD/DVDの平均売上枚数から、

「りゅうおうのおしごと!」のアニメ化の可能性は現状では判断が出来ません。

もしアニメ化するならば、早ければ2019~2020年中に制作発表、

2021~2022年に放送開始という流れがスムーズかも知れませんね。

 

まとめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

原作ストックの量やBD/DVDの平均売上枚数から、「りゅうおうのおしごと!」のアニメ化の可能性は現状では判断が出来ません。

ですが、コミカライズ作品も「ヤングガンガン」で連載されていることから、まだこれからの展開も期待出来そうですね!

最近では、藤井六段がアニメや漫画並みのとんでもない実力を見せているため、「りゅうおうのおしごと!」を見ても、「案外ありえるのか?」と思えてしまいますね笑

スポンサーリンク