ポプテピピックの2期の放送日はいつ?決定の可能性や円盤売上は?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

「ポプテピピック」は、“大川 ぶくぶ”氏によって「まんがライフWIN」の漫画を原作として、2018年から放送されているテレビアニメです。

本作は主に時事ネタや、ブラックユーモア、風刺ギャグ、ナンセンス、スラップスティック、1980年代後半以降のアニメやゲーム、ドラマなどを元ネタとするパロディが特徴であり、自ら「クソ漫画」であることを度々自称している作品となっています。

ストーリーは支離滅裂なことも少なくなく、オチがなかったり、コマのコピペを繰り返したり、第四の壁を破ったりと、本来漫画ではタブーとされているようなことも頻繁に描かれています。

 

この記事では、そんな「ポプテピピック」のアニメ2期の可能性に関して、これまでの円盤売上や原作ストック量などを参考にしながら、考察したいと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

ポプテピピックの2期の放送日はいつ?決定の可能性や円盤売上は?

その前に、「ポプテピピック」ってどんな話?

上記の通り、本作は1980年代後半以降のアニメやゲーム、ドラマなどを元ネタとするパロディが特徴で、ストーリーは支離滅裂なことも少なくなく、オチがなかったり、第四の壁を破ったりと、これまでのアニメと比べて、型破りな作風となっています。

そして、

本作の主人公であり、見た目の特長としては背が低い方で、金髪をツインテールにしているる“ポプ子(ぽぷこ)”と、背が高い方で、

青い髪を腰近くまで伸ばしているのが特徴の“ピピ美(ぴぴみ)”の目線から、主に描かれていく、前衛的な仕上がりの作品となっています!

 

「ポプテピピック」考察1・原作ストックはどれくらい?

アニメ続編の気になる点と言えば、原作ストックの量です。

人気のあるアニメでも、原作ストックがないために続編が制作されないと言うアニメも多くありますよね。

では、「ポプテピピック」の場合はどうかと言うと、

2019年11月時点で既刊2巻中の1巻程度を消費しているので、2期放送に必要なストックは足りていないという印象です。

スポンサーリンク

「ポプテピピック」考察2・これまでのアニメ人気は?

アニメの続編制作には、アニメ自体の人気も大きく関わってきます。

原作ストックが有っても、アニメ自体に人気がなければ、アニメの続編は難しくなります。

では、「ポプテピピック」の場合はどうでしょうか?

 

アニメの人気を計る指標としてBD/DVDの売上があります。

一般的にアニメ続編のハードルはBD/ DVD売上の平均が5000枚以上と言われています。

で、「ポプテピピック」の1巻売上は5000枚ほどだったそうで、だいぶきついですね。

 

しかし、アニメのネット上の評価を見たところ、だいぶ高評価の声が多いので、

「ポプテピピック」のBD/DVDは1巻あたりで平均して5,000枚を超える水準のため、現時点で基準を上回っていると言えます。

 

「ポプテピピック」放送の可能性

原作ストックの量やBD/DVDの平均売上枚数から、「ポプテピピック」のアニメ化の可能性は現状では判断が出来ません。

もしアニメ化するならば、早ければ2019~2020年中に制作発表、

2021~2022年に放送開始という流れがスムーズかも知れませんね。

 

まとめ

原作ストックの量やBD/DVDの平均売上枚数から、「ポプテピピック」のアニメ化の可能性は現状では判断が出来ません。

ですが、今期放送中の作品の中ではかなりの反響を呼んだアニメ作品でもある為、今後の展開はまだまだ期待出来る作品と言えそうですね!

ただ公式で「2期はやりません」的な発言があったりもしたので、この発言が本当だとすれば期待はできないかもしれませんね笑

なので、1期を存分に楽しんでしまいましょう!

スポンサーリンク