妹さえいればいい2期の放送日はいつ?予定や決定の可能性はある?

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

「妹さえいればいい」は、SILVER LINK.が製作する青春ラブコメアニメです。

2017年の10月からアニメ放送が開始されました。

「妹さえいればいい」は、「妹さえ(いもさえ)」という略称で呼ばれています。

原作は、ライトノベルで、イラストが変態王子と笑わない猫で有名なカントクがしていることでも知られています。

妹萌えの酷い主人公が個性的な登場人物に振り回されながらも日々を謳歌していきます。登場人物たちの苗字は、岐阜県の地名、駅名からとられています。

 

この記事では、そんな「妹さえいればいい(妹さえ・いもさえ)」のアニメ2期の可能性に関して、これまでの円盤売上や原作ストック量などを参考にしながら、放送日を考察したいと思います。

2020年以降の決定の可能性はあるのでしょうか?!

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

妹さえいればいい2期の放送日はいつ?予定や決定の可能性はある?

「妹さえいればいい」のあらすじから!

主人公の羽島伊月は、極度の妹バカの小説家です。

伊月は、高校2年生の時に小説家デビューを果たし、そこから売れっ子作家としての道を歩んでいきます。

しかし、伊月の小説には、問題があったのです。

 

すべての物語の主人公は妹で、話の展開がパターン化してしまったのです。

そんな時、小説仲間やイラストレーター、編集者など個性的なキャラクターたちと様々な事態に巻き込まれていきます。

そして、伊月の義理の弟である千尋には、驚くべき秘密があったのです。

 

個性的なキャラクターたち

主人公の羽島伊月

オリコン文庫部門トップ10入りしたことがあるほどの売れっ子作家。

しかし、物語の展開がパターン化してきたことにより、売り上げが落ちている。

ペンネームは、本名をそのまま使っていて羽島伊月です。

 

伊月の義弟である羽島千尋

伊月の父親と千尋の母親が再婚し、伊月の弟になります。

容姿、成績、スポーツがすべて完璧にこなすことができますが、伊月に話せない秘密を持っています。

 

小説仲間の可児那由多

銀髪で碧眼の目立つ容姿をしています。

伊月の売り上げをはるかに越す天才小説家。

しかし、発言に難があり変態そのものです。

 

小説仲間の不破春斗

伊月と同じ時期デビューしました。

イケメンでお洒落なのですが、本当は大学デビューしただけで今まで交際経験はありません。

まだまだいますが、この辺で紹介は止めておきます。

スポンサーリンク

「妹さえいればいい。」の原作のストック数は?

続編を作っていく上で重要なのが、原作のストックですね。

今の時点でストックが多いと続編の可能性が上がってきます。

それでは、「妹さえいればいい。」の原作を見ていきましょう。

 

原作であるライトノベルは、2019年11月時点で10巻出ています。

ラノベの方を見るとストックは、とりあえずクリアですね。

 

「妹さえいればいい。」の円盤売上は?

やはり人気がなければ、続編の製作はありません。

人気を見るためにDVDの売り上げを見ていきましょう。

DVDは、上巻下巻でDVD BOXで発売されるようです。

 

原作のラノベの売り上げは累計250万部を突破しており、人気作品ということはわかります。

2017年冬アニメの中でも群を抜いて良作だったという声も多数ありますので、円盤の売り上げは非常に期待できますね。

 

「妹さえいればいい。」の2期放送可能性は?

原作のストックの量を見れば、可能性としてはあり得ると言えます。

しかし、DVDの売り上げがまだわからないので何とも言えないですね。

 

やはり、人気も重要な判断材料ですから。

とは言え、原作は累計発行部数250万部を突破している人気作品ですので、円盤売り上げは軽く5000枚は超えてくるんじゃないでしょうか?

→初動で2000万部ほどだったので、そんなに売れてないかも

 

すると、2期の放送日は早ければ2018年に発表して、2019年に放送開始という流れがスムーズかなと思いましたが、

2019年11月現在の現段階では発表すらされていないので、

もしかしたら2020年のオリンピック以降に放送されるのかなと僕は予想しています。

 

まとめ

ガガガ文庫から発売されている原作のライトノベルの人気は、すごいですね。

小説家のありそうでなさそうな日常を面白おかしく書かれているところが人気で、要所要所で出てくる業界ネタや下ネタなどのギャグが人気の要因の一つでもあるようです。

2期が放送されるかについてですが、あくまでも考察なので外れてしまったらごめんなさい。

参考程度に思ってください。

スポンサーリンク