ビビットストライクの2期の放送日はいつ?決定の可能性と円盤売上!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

「ViVid Strike!」は”セブン・アークス・ピクチャーズ”制作によって、2016年に放送された、オリジナルテレビアニメです。

ストーリーは、本作の主人公である“フーカ・レヴェントン”の視点から描かれ、“リンネ・ベルリネッタ”の格闘試合に対する姿勢を見て、守るものがなくなった心境から意気消沈し、

さらには喧嘩沙汰を起こしたためアルバイト先からも解雇され、公園で行き倒れとなっていたところから始まります。

次の日の朝に起きた際に、ちょうどジョギングトレーニングで偶然通りかかった“アインハルト・ストラトス”に警戒感から拳を突き立ててしまいますが、彼女はそれを受け止め、さらにはフーカの格闘技センスを見抜き、ナカジマジムを紹介するのでした。

この記事では、そんな「ViVid Strike!」のアニメ2期の可能性に関して、これまでの円盤売上や原作ストック量などを参考にしながら、考察したいと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

ビビットストライクの2期の放送日はいつ?決定の可能性と円盤売上!

その前に、「ViVid Strike!」ってどんな話?

上記の通り、ストーリーはフーカ・レヴェントンがリンネ・ベルリネッタの格闘試合に対する姿勢を見て、守るものがなくなった心境から意気消沈し、さらには喧嘩沙汰を起こし、公園で行き倒れとなっていたところ、

公園で朝に起きるとジョギングトレーニングで偶然通りかかったアインハルト・ストラトスへ警戒感から拳を突き立てましたが、彼女は軽々とそれを受け止め、フーカの格闘技センスを見抜き、ナカジマジムを紹介します。

 

そして、フーカはナカジマジムの従業員兼選手候補となって、トレーニングと労働をこなしていくこととなりますが、リンネは冬の大会ウインターカップにおいて、

アインハルト・ストラトス、“高町 ヴィヴィオ”、“ミウラ・リナルディ”を指名し、挑戦を受けることとなります。

 

フーカもナカジマジムの新人としてアインハルトから紹介されたが、リンネはフーカにも敵対心しか見せなかったのですが、

その理由がリンネの悲しい過去にあることを知ったフーカは、リンネをぶちのめしてからきちんと話をするという心持ちでウインターカップに挑むこととなるのでした。

 

「ViVid Strike!」考察1・原作ストックはどれくらい?

アニメ続編の気になる点と言えば、原作ストックの量です。

人気のあるアニメでも、原作ストックがないために続編が制作されないと言うアニメも多くありますよね。

では、「ViVid Strike!」の場合はどうかと言うと、本作は原作作品が無いオリジナルテレビアニメとなっております。

 

その為、

製作会社であるセブン・アークス・ピクチャーズ側でストーリーを用意すればらアニメ2期放送に必要なストックを調達出来るという印象ですね!

スポンサーリンク

「ViVid Strike!」考察2・これまでのアニメ人気は?

アニメの続編制作には、アニメ自体の人気も大きく関わってきます。

原作ストックが有っても、アニメ自体に人気がなければ、アニメの続編は難しくなります。

では、「ViVid Strike!」の場合はどうでしょうか?アニメの人気を計る指標としてBD/DVDの売上があります。

 

「ViVid Strike!」の売上は下記の通りです。

 

「ViVid Strike!」【全4巻】 ※一部、不明な情報は***で書いています
巻数 売上枚数BD/DVD

01巻 4,938/*,*** 合計 *,***枚
02巻 4,316/*,*** 合計4,769枚
03巻 4,184/*,*** 合計4,566枚
04巻 4,217/*,*** 合計4,655枚

 

一般的にアニメ続編のハードルはBD/ DVD売上の平均が5000枚以上と言われています。

「ViVid Strike!」のBD/DVDは1~4巻の一部平均売上枚数しか判明していませんが、おおよそ4,600枚程度なので、基準を若干下回っていると言えます。

 

「ViVid Strike!」2期の放送の可能性

原作ストックの量やBD/DVDの平均売上枚数から、「ViVid Strike!」のアニメ化の可能性は若干低いと言えそうです。

可能性としては、早ければ2017~2018年中に制作発表、2018~2019年に放送開始という流れがスムーズかも知れませんね。

 

まとめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

簡潔にまとめさせていただきますと、「ViVid Strike!」のアニメ化の可能性は、現時点で若干低いという結論になります。

たしかに本作は原作が有りませんが、大人気シリーズ魔法少女リリカルなのはシリーズの一作でも有る為、まだまだ今後の展開が期待出来る作品と言えそうですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク