中二病でも恋がしたい3期の放送日は2018年に決定?円盤売上は?

皆さんこんにちは!

今回の記事では、中2病でも恋がしたいの3期が制作される可能性を探っていきます。

ただ、現状アニメシリーズの3期を制作するのはかなりハードルが高く、多くの課題をクリアしなければならないのも現実です。

なので、円盤売上と原作ストックで中二病でも恋がしたい!の3期放送日がいつになるのかを考察したいと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

中二病でも恋がしたい!ってどんな話?

↓   ↓   ↓   ↓

中二病でも恋がしたいを見よう!

 

「中2病でも恋がしたい」は京都アニメーションが制作する人気アニメの一つであり、多くの続編が作られた作品です。

元中2病患者の主人公、富樫勇太と絶賛中2病患者の小鳥遊立花が出会い、学生生活を送るギャグラブコメ作品となっています。

彼らの周りには中2病のに縁のある面々が集まり始め、勇太は苦い過去を思い出しつつ、立花達との交流を深めていきます。

日常アニメながら、妄想の世界を忠実に表現しており、「学校で暇な授業中によく妄想していた人」の心を的確に抉りつつ、笑いに変えてくれる。そんなアニメでもあるのではないでしょうか。

愛嬌のあるキャラ達と京都アニメーションが誇る繊細な描写表現が見事にマッチしており、2期も制作され、映画化も経験している作品でもあります。

昨今の深夜帯アニメは基本的に1クールから2クールでの放送が想定されているため、続編が続くということはそれだけ人気があるということに他なりません。

 

3期考察その1…原作ストックはどのくらい?

中2病でも恋がしたいは、KAエスマ文庫より3巻刊行されている作品をベースにしたアニメ作品でもあります。

KAエスマ文庫は京都アニメーションが発行するライトノベルの文庫レーベルで、今作品はこのレーベルの初アニメ化作品でもあります。

しかし、作品のベースにはなっていますが、小説には登場しないキャラがメインキャラにいるなど、設定的に大幅な改変がされているので、原作に忠実なアニメではありません。

そのため、オリジナルで3期を制作する可能性は高く、原作ストックという点は気にする必要はうすいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

3期考察その2…円盤の売り上げはどうか?

アニメの続編で大きな指標となるのがDVDやBD(俗称として円盤と言われます)の売り上げです。

ネットなどよく言われるのが、売り上げ約5000枚が2期放映ライン。1万枚売り上げればそのクールの覇権をとったなどと言われています。

しかし、今作は3期を考えなければならないため、1期の売り上げと2期の売り上げを比較して、その差を考えていかなければなりません。

 

では、中2病でも恋がしたいの円盤売り上げはどうだったでしょうか。

まず、1期の売り上げですが平均して15000枚以上の売り上げを記録しています。この数値はアニメ大成功として問題ないレベルであり、2期が制作された所以でもあると言えます。

次に2期ですが、こちらも下がってはいるものの5000枚以上の売り上げを記録しています。

やや、3期を制作するには心もとないですが、こちらも十二分な売り上げと考えられます。

2018年に新劇場版が放映!?


流れとしては3期も射程圏内ではありましたが、ここで劇場版の2作目が制作されるとの発表がありました。

時期としては2018年の1月。

おそらくオリジナルな内容となっています。

ここ最近の京アニ作品の流れからすると、順当と言える流れとも言えます。

というのも、「たまこまーけっと」「境界の彼方」「Free‼」など多くの京アニ作品が映画化の流れを辿っており、「中2病でも恋がしたい」も一度映画化されています。

映画を挟んでの3期という可能性も捨てきれはしませんが、こうなってくると3期をやるよりも映画での続編制作にシフトしていく可能性が濃厚かと思います。

 

以上を踏まえた中2病でも恋がしたいの3期の可能性

結論としては、中2病でも恋がしたいの3期は非常に可能性が低いと考えられます。

今度の劇場版2作目で完結しなかったとしても、恐らく続編映画としての制作になるのではないでしょうか。

あるいはOVAといた手法を用いるかも知れませんが、3期という方法以外を取る確率が高いです。

今後の作品展開に注目していきましょう。

さて、最後まで見ていただきありがとうございました。

映画も放映が決定しておりますので、まだ見たことがないという方がいましたら、ぜひこの機会に視聴してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

「中二病でも恋がしたい」の名言が書いてあるTシャツなんてのも売っているんですね!

バニッシュメント・ディス・ワールド!!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク