友食い教室の1巻2巻の感想やあらすじ!評価やレビューも!

ジャンプ+にいて連載中の

「友食い教室」(原作/柑橘ゆすら 漫画/沢瀬ゆう)

についての1巻の「あらすじ」や「感想」、「評価」や「オススメの電子書籍」などについて紹介していきます。

 

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

友食い教室の1巻2巻からの感想やあらすじ!評価も!


↓   ↓   ↓

友食い教室を読んで見よう!

 

主人公は、天野翔太という高校生です。

ある朝、第1回友食いゲームと題されて意味不明なメールが送られてきます。

内容は、状態 健常者 ワクチン 十二指腸とだけ書かれていたのです。

訳もわからず登校していきます。

翔太には、今それどころじゃない事情があったのです。

それは、佐伯小春という同級生に今日こそラブレターを渡そうと思っていたのです。

 

登校中に幼馴染みの赤星遊岳に出会います。

遊岳は、女子からモテモテで周りからの人望も厚い男です。

その遊岳にラブレターの件について、からかわれます。

そうして昼休みになります。

遊岳と弁当を食べている翔太は、小春に呼び出されて一緒に屋上に向かいました。

小春の真意がわからないまま、小春の話を聞きます。

話とは、今朝届いた友食いゲームについてでした。

小春に届いたメールは翔太とは違く、状態が感染者になっていてドナー 天野翔太と書いてあったのです。

 

話が終わり帰ろうとする小春を翔太は、呼び止めます。

今しかないと思い、ラブレターを渡します。

小春は照れて、顔が真っ赤になってしまいました。

しかし次の瞬間、小春の頭部が異常なほど膨らみ、爆発したのです。

そして、クラスメイトみんなに小春の死体の画像が送信されました。

しかし、小春の死は事故死として扱われ、表立って捜査などはされませんでした。

 

小春の死の翌日、再び友食いゲームのメールがクラス全員に送られてきました。

今度は、ワクチンが髪の毛になった以外の変化は、ありませんでした。

翔太と遊岳は、協力して死者を出さないように奮闘します。

そして、感染者を見つけました。

それは、小春の友達の由紀でした。

ドナーは、飯島奈緒というカースト頂点の女子でした。

遊岳の協力もあり、奈緒の髪の毛を手に入れ、摂取することに成功します。

すると由紀の状態は、感染者から健常者に戻ったのです。

今回は、免れることができたが、次回からどうなっていくのでしょうか。

 

私の個人的な評価は、10点中8点です。

クラスメイトの体の一部を食べないと生き残れないという設定にゾクゾクします。

今回は髪の毛だったから対処できたものの、他の場合はどうするんだろうと思いました。

サバイバルホラーという面白い設定で飽きることがありません。

 

スポンサーリンク

友食い教室を電子書籍で読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍の方が断然お得!

コミックで購入するよりかは、電子書籍のほうが30円〜100円程度安く購入することが可能です。

 

現在新規会員登録者に50%OFFクーポンをプレゼント中

Tポイントが貯まる

メルマガ会員限定で半額クーポンが配られることも

1日1回回せるクーポンガチャで50%OFFクーポンゲットの可能性も

 

以上がBookliveのお得情報です。

定期的に半額クーポンをもらえるということで、普通にコミックスで購入するよりもかなりお得に漫画を購入できるようになりますね( ´∀`)

 

↓   ↓   ↓

友食い教室を読んで見よう!

もちろん購入しなくても立ち読みも可能ですので、是非無料登録をしてしまいましょう!

 

最近の話題作も立ち読みすることができますので、オススメですよ!
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク