SAOの3期(アリシゼーション)の放送日はいつ?2018年に決定?!

ソードアート・オンラインは同名のライトノベルを元に作られた深夜アニメです。

ソードアート・オンラインというデスゲームに閉じ込められた主人公・キリトがゲームクリアをめざすバトルアクションとなっています。

キリトとヒロイン・アスナの関係の変化や登場人物たちの仮想世界への考え方の変化、敵モンスターとの戦闘など見所の多い作品となっています。

この記事では、そんなソードアート・オンラインのアニメ3期の可能性に関して、考察したいと思います。

スポンサーリンク

 

○考察の前に…ソードアート・オンラインってどんな話?

↓   ↓   ↓   ↓

ソードアートオンラインを見よう!

 

上記でも述べたように、作品のテーマはキリトがソードアート・オンラインというデスゲームのクリアをめざすバトルアクションとなっています。

世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」の正式サービス開始日、ゲームを楽しんでいたおよそ1万人のプレイヤーにゲームマスターの茅場明彦から驚きの発表があります。
それは、「このゲームは自発的にログアウトができないこと。このゲームからログアウトする唯一の方法はソードアート・オンラインの舞台である浮遊城アインクラットの最上層100層にいるボスを倒すこと。このゲーム内で死んだ場合、現実の自分も死ぬこと。」でした。

それを聞いたキリトはこの絶望的なデスゲームをクリアするために動き出します。

キリトはアインクラッドを攻略するうちに、所属していたギルドのメンバーの死やアスナとの出会い、プレイヤーキル(通称:PK)事件などの様々な問題に巻き込まれていきます。

何度も述べているように、作品のテーマはキリトがソードアート・オンラインというデスゲームのクリアをめざすバトルアクションですが、プレーヤーたちの仮想世界への思いの変化や人々の心情も楽しめる作品に仕上がっています。

 

○ソードアート・オンライン3期考察1・原作ストックはどれくらい?

アニメ続編の気になる点と言えば、原作ストックの量です。

人気のあるアニメでも、原作ストックがないために続編が制作されないと言うアニメも多くあります。

では、ソードアート・オンラインの場合はどうでしょうか?
ソードアート・オンラインは2017年4月24日現在、19冊の単行本が発売されています。

アニメ1期全25話では1巻~4巻の計4巻を消化し、アニメ2期全24話では、5巻~8巻の計4巻の1期 2期合わせて8巻を消化しています。

残りが11巻あることから、アニメ3期への原作ストックはだと言えるでしょう。

第3期は長編『アリシゼーション篇』が放送されることになりそうです。

○ソードアート・オンライン3期考察2・アニメ人気は?

アニメの続編制作には、アニメ自体の人気も大きく関わってきます。

いくら原作ストックがあっても、アニメ自体に人気がなければ、アニメの続編は難しいでしょう。

では、ソードアート・オンラインの場合はどうでしょうか?

アニメの人気を計る指標としてBD/DVDの売上があります。

ソードアート・オンラインの売上は下記の通りです。

 

ソードアート・オンライン【全9巻】

巻数    売上枚数BD/DVD
01巻   36,562/8,810合計45,372枚
02巻   31,940/7,408合計39,348枚
03巻   30,430/6,885合計37,315枚
04巻   29,723/6,897合計36,620枚
05巻   28,294/6,565合計34,859枚
06巻   27,088/5,968合計33,056枚
07巻   26,583/5,860合計32,443枚
08巻   25,961/5,595合計31,556枚
09巻   26,352/5,987合計32,339枚

ソードアート・オンラインⅡ【全9巻】

巻数    売上枚数BD/DVD
01巻   18,375/3,838合計22,213枚
02巻   16,086/2,847合計18,933枚
03巻   16,649/3,237合計19,886枚
04巻   16,172/3,215合計19,387枚
05巻   16,253/3,255合計19,508枚
06巻   15,762/3,036合計18,798枚
07巻   15,663/3,013合計18,676枚
08巻   15,043/2,929合計17,972枚
09巻   15,340/3,099合計18,439枚

一般的にアニメ続編のハードルはBD/ DVD売上の平均が5000枚以上と言われています。

ソードアート・オンラインのBD/DVD巻1~9巻との平均売上枚数は27,595枚なので、大幅に上回っています。

スポンサーリンク

○ソードアート・オンライン3期放送の可能性


BD/DVDの売上枚数からソードアート・オンラインのアニメが人気があったことがわかります。

また、原作ストックの量考えるとも十分な量と言える量があります。

そのことからソードアート・オンラインのアニメの続編が作られる可能性は高いと言えます。

ですが、いつ放送するかは予測が難しいです。

ソードアート・オンラインは電撃文庫から刊行されていますが、電撃文庫は続編製作が遅いと言われています。

そのために、続編製作待ちしている作品は多く、いつ続編が放送されるか予測が難しいと いうわけです。

早くて2018年の秋ごろではないかと考えています。

噂では『ソードアートオンライン~アリシゼーション~』の3期が確定しているというのも聞いたことがあるので、大いに期待してもいいでしょう。

 

追記:『ソードアートオンライン アリシゼーション編』の放送が決定しました!

それに、『ソードアートオンライン オルタナティブ  ガンゲイルオンライン』のTVアニメ化も決定ということで、おめでとうございます!

すっごく楽しみですね!

 

関連記事はこちら↓↓↓

ソードアートオンライン・SAOの最新巻21巻の発売日はいつ?

 

ソードアートオンラインをもう一度視聴したい!

『ソードアートオンライン』は、

U-NEXT

ビデオマーケット

で全話見逃し配信を行っています。

それぞれの動画配信サービスの特徴をご紹介しますので、ぜひ自分の趣味の合ったサービスを選びましょう!

ちなみに全ての動画配信サービスには『無料期間キャンペーン』がありますので、安心してご利用できますよ♫

 

 

U-NEXTの特徴


『U-NEXT』の特徴としては日本最大級であるところの120000本以上の最新映画や今期アニメ・今期ドラマの見逃し配信、更には人気過去作品など様々なタイトルを視聴することが出来ることですね。

さらに登録後31日間アニメを無料でお試しいただくことが可能になる『トライアルキャンペーン』を実施しているため、非常にオススメです(^o^)

 

『U-NEXT』は月額料金1990円(税抜)で毎月1200ポイント付与もあり、対象の動画が見放題になるシステムと、レンタル(個別課金)や購入(買い切り)することで動画を観ることができるシステム「PPV」の両方を採用しています。

もちろん、付与された1200ポイントでお得にご利用可能です!

 

さらに『U-NEXT』ではVOD配信サービスでは珍しい、雑誌や漫画・書籍といった電子書籍も楽しむことができます。

さらにさらに『U-NEXT』は動画、電子書籍だけじゃなく、別途月額490円で音楽の聴き放題もあるんです♫

懐かしの曲から最新のヒット曲、さらに映画・ドラマ・アニメの主題歌に加え、英会話などの語学系の番組も聴くことができます。

 

『U-NEXT』の特徴を簡単にまとめると

・毎月1200ポイント付与

・日本最大級の120000本以上の配信数

・テレビアニメやドラマの見逃し配信が充実

・アニメ、ドラマ、映画の過去人気作品が豊富

・バラエティに富んだ映画

・電子書籍や音楽も扱っている

・4人までアカウントを共有できる

 


↓   ↓   ↓
『SAO』をU-NEXTで無料視聴!

ビデオマーケットの特徴


ビデオマーケットは、株式会社ビデオマーケットが運営する動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、お笑いなどを200,000本以上配信しています。

数多くあるVOD(ビデオオンデマンド)の中で総配信数はトップクラスです。

また、ビデオマーケットでは『月額500円のプレミアムコース』と『月額980円のプレミアム&見放題コース』の2種類あり、どちらも初月31日間無料で利用できるというメリットがあります。

さらに、毎月540ポイント付与されるため、有料作品も楽しめますし、

レンタル開始前に新作映画などが見れちゃうのです♫

 

ビデオマーケットのサービスの特徴やポイント をまとめると、

・総配信数は日本最大級でトップクラス

・毎月540ポイントの付与

・デジタル先行配信でレンタルよりも早く視聴可能

・ポイントで最新作の映画も月に1~2本視聴可能

・VODでは珍しい『お笑い』の動画が観れる!


↓   ↓   ↓
『SAO』をビデオマーケットで無料視聴!

○まとめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

簡潔にまとめさせていただきますと、ソードアート・オンラインのアニメの続編が作られる可能性は高いと言う結論になります。

なので、アニメを見たことがある方もない方もこれを機に、1期から見直してみてはいかがでしょうか?

また、原作も出来がいいため、おすすめです。

ぜひ、読んでみてください。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 映画の最後のSAO will returnは、小説のアリシゼーションに続くよ!っていう原作ファンに向けたメッセージで3期確定?っていう話ではないと思います。

    また他の人もいうように、”やる心積もり”っていう“Will”を使ったのだと
    思います。

    まぁ一種の僕たちの冒険はまだまだ終わらない。つづくという表現かもしれませんが、私は、粋なファンサービスだと思っていますよ。。。

    あるいは、あの映画をみて続きみたいと思った人が、過去のアニメを見て
    映画の続きである、原作を読むことを期待しての映画を使った原作の宣伝という
    上手い導入なのかなととも取れます。

    そもそも今後アニメの可能性として
    1期、2期の計4クールつかって小説8巻ぐらいを消化した訳だから
    計算上、1クールは小説2巻消費。。。

    しかもアリシゼーション編は、大まかな章があるけど、全てを含むと
    大体12巻ぐらいあるので、アニメがもし1期と2期と同じぐらいの濃度の話でやるとしたら、最終的に6クールは事前に必要。

    ってことは、アリシゼーション編は、3期・4期・5期まで製作決定を
    前提にしてくれないと、途中で終わったら、それこそSAO3期以降は駄目だったよねと言われかねませんよ?盲目なファンはきにしたら負けですが。

    また予算がないからって、途中で駆け足になったり濃縮しすぎたりは、
    よくある話ですが、それはちょっとなぁーって思います。

    ただ原作も中だるみがあるから、ダイエットできる部分は、あるかもしれませんが、3期(2クール)だけでの全ての消化は難しいでしょう、
    せめてあと、プラス3クール(計5クール)は、必要だと思います。

    そもそもアリシゼーション編は、キートリガーとして乱暴されるシーンが
    あるのですが、ああいうのは映像化むずかしいかもしれませんね。

    個人的には、アリシゼーション編はユージオがでるので
    腐女子層がもっと厚味を増すと思います!

    とはいえSAOは、ハリウッド製作も決まっているので、もしかしたらアリシゼーション編は、ハリウッドで作る可能性もあるかもしれませんが、
    まぁもしやるとしたら楽しみですね3期。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です