人間カードの1巻の感想やあらすじ!評価やオススメの電子書籍も!

マンガボックスで掲載中の

「人間カード」(原作/黒井嵐輔 作画/塩塚誠)

についての1巻からの「あらすじ」や「感想」、「評価」などについて紹介していきます。

 

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

人間カードの感想とあらすじ!評価も紹介!

人間カードを読んでみよう!

「人間カード」の主人公は、庵瀬マモルという大学生です。頭はいいのですが、勝負事となると周りが見えなくなってしまいます。

オンラインの対戦ゲームにハマっており、集中しすぎて赤信号を渡りそうになりました。

マモルには、幼なじみが2人いて大学までずっと一緒のリクとユウカです。

リクはユウカのことが好きで、マモルも応援しています。

リクがユウカに想いを告げようか迷っている最中、事件は起こりました。

それは、ユウカの父親が行方不明になってしまったことです。

 

ユウカの父親が失踪してから3週間。

警察に捜索願を出すも、未だ手掛かりが何一つありません。

しかし、ユウカは、マモルとリクの前では気丈に振る舞い、心配な素振りを見せません。

マモルが3人で集まった時に唐突に「人間カード」の話題を出しました。

人間カードとは、一見何の変哲もないカードなのですが、不思議な力があります。

それは、カードの中に人を閉じ込められる力です。

マモルが人間カードについて知ったのは、借りているユウカの父親のパソコンからでした。

パソコンには、異常とも言えるアクセス回数で人間カードの公式サイトを閲覧した履歴がありました。

 

人間カードの存在に半信半疑だったマモル。

しかし、サイトに載っている内容は、妙にリアリティがあり、徐々に存在を信じ始めます。

人間カードのユーザーになることができたマモルは、次第に人間カードの力を確かめたくなりました。

力を試すのに選んだ相手は、罪を犯したのにも関わらず不起訴になった男でした。

人間をカードに閉じ込める条件として、相手の弱みを告げて心を掌握すること、プリズンオンという言葉を放つこととサイトに書いてありました。

マモルがカードに興味を持った時、実際に目の前で人間がカードに閉じ込められる瞬間を目にしたのです。

 

そしてマモルは、サイト内のオークションという機能を見つけました。

そこには、カードに捕らえられた人間が売買されていたのです。

そこで、ユウカの父親も売られていたのです。

しかし、もう売却済みになっていて、直接買うことはできません。

マモルたちは、ユウカの父親を救うことができるのでしょうか?

 

私の個人的な評価は、10点中9点です。

サスペンス的な謎があり、とても面白いです。

人間カードは、何の為に存在するのか。

これからマモルたちは、どのようなことに巻き込まれていくのか、必見です。

スポンサーリンク

 

人間カードを電子書籍で読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍の方が断然お得!

コミックで購入するよりかは、電子書籍のほうが30円〜100円程度安く購入することが可能です。

 

現在新規会員登録者に50%OFFクーポンをプレゼント中

Tポイントが貯まる

メルマガ会員限定で半額クーポンが配られることも

1日1回回せるクーポンガチャで50%OFFクーポンゲットの可能性も

 

以上がBookliveのお得情報です。

定期的に半額クーポンをもらえるということで、普通にコミックスで購入するよりもかなりお得に漫画を購入できるようになりますね( ´∀`)

 

↓   ↓   ↓

 

人間カードを読んでみよう!

もちろん購入しなくても立ち読みも可能ですので、是非無料登録をしてしまいましょう!

 

最近の話題作も立ち読みすることができますので、オススメですよ!
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク