未確認で進行形の2期の放送日はいつ?円盤売上や原作ストックは?

皆さんこんにちは!

『未確認で進行形』の2期の放送っていつなのだろうか?

と疑問を抱く方が多いです。

 

さて、魅力たっぷりの未確認で進行形ですが、現在1期が放送された後、しばらく続編の情報は出ておりません。

続編2期をやる可能性はどれくらいなのでしょうか。

この記事では原作ストックや円盤の売り上げ等から未確認で進行形の続編の可能性について考察していこうと思います。

2017年中に放送されるのか、2018年や2019年に持ち越しか、それとも東京オリンピックの開催される2020年に放送されるのか?

様々な可能性でご紹介しますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

未確認で進行形ってどんな話?

↓   ↓   ↓   ↓

未確認で進行形を見よう!

 

未確認で進行形は一迅社発行の雑誌「まんが4コマぱれっと」にて連載中の作品です。

2014年にアニメ化されています。

多忙な母親の代わりに家事全般をこなす、夜ノ森小紅。

姉の紅緒と極々一般的な生活を送っていた彼女が⒗歳の誕生日を迎えたある日、許嫁と宣言する少年、三峰白夜とその妹、真白がやってきたことにより、状況が一変します。

夜ノ森家にて一緒に生活することになった彼女たちの日常を描いたラブコメ作品となっています。

未確認で進行形はキャラ数こそ少ないものの、個々の特徴がわかりやすく、見ていて飽きません。

何よりもどのキャラもとにかく可愛く、作品の大きな華です。

女の子3~5人を主役に添えた日常ものはそれこそ多くのアニメになっていますが、最初から許嫁の男役がいるのも珍しいのです。

通常ですと白夜が作品の妨げになることも見受けられますが、彼自身も個性的でかつ好感が持てるキャラですので、安心して視聴できます。

OPやED映像も可愛さを全面に出しており、そこだけ見たことある!といった方も多いのではないでしょうか。

 

2期考察その1…原作ストックはどのくらい?

原作ありのアニメに如実について回るのが原作のストック数ではないでしょうか。

未確認で進行形は2017年8月現在で、単行本8巻まで刊行されています。

アニメ化した当時は5巻の発売ごろでしたので3冊ほどプラスされていることになります。

しかし、1クールの放映で5巻分の内容はほとんどアニメ化されており、合間にオリジナルを挟んでの放映でしたので、最低でも5巻分の原作が必要となります。

そのため、現状では原作ストックは足りていないという状況になります。

ここまでの刊行ペースを見ると大凡、1年に1冊というペースです。連載されている雑誌が月刊誌ということもあり、早々に2期分のストックがたまるということはないでしょう。

このままいけば、2020年には1期放映と同じく、5巻分のストックが溜まりますので、そこから可能性がグッと高まると思われます。

スポンサーリンク

2期考察その2…円盤の売り上げはどうか?

アニメの続編で大きな指標となるのがDVDやBD(俗称として円盤と言われます)の売り上げです。ネットなどよく言われるのが、売り上げ約5000枚が2期放映ライン。

1万枚売り上げればそのクールの覇権をとったなどと言われています。

とはいえ、これはあくまでも目安であり、5000枚以下の売り上げでも2期、3期と続くものもありますし、1万枚売り上げても2期を放映しないこともあります。

では、未確認で進行形の円盤はどのくらいの売り上げだったのでしょうか。

当時、一番良かったのが第一巻で、合算約8500枚。

最低でも5000枚以上の売り上げを記録しています。また、⒗年に発売されたBDBOXも約4200枚ほど売れており、高い水準をキープしています。

この円盤売り上げの点から見ると、未確認で進行形は2期ラインを大きく超えており、続編の可能性がかなり高い作品であることが伺えます。

 

以上を踏まえた未確認で進行形2期の可能性

①原作ストックは現状たまっていない。では、ここまでの流れを整理して見ましょう。

②円盤売り上げは十分な売り上げを見せている。

以上の観点から2期を放送する可能性は、やや厳しいと予想します。

 

まず、原作ストックが溜まり切るのが2020年と先が長いことが大きなネックです。

掲載雑誌内でもアニメ化してもおかしくない作品はありますし、出版社としては別の作品のアニメ化で雑誌を盛り上げたいと考えるではないでしょうか。

原作が溜まった時点で、ファンがどのくらい残っているか、その時の流行りはどういった系統かなどに左右されると考えられます。

2020年が2期放映の肝となりそうです。

 

未確認で進行形の動画を無料視聴する方法は?

『未確認で進行形』は、

U-NEXT

ビデオマーケット

で全話配信を行っています。

それぞれの動画配信サービスの特徴をご紹介しますので、ぜひ自分の趣味の合ったサービスを選びましょう!

ちなみに全ての動画配信サービスには『無料期間キャンペーン』がありますので、安心してご利用できますよ♫

 

 

U-NEXTの特徴


『U-NEXT』の特徴としては日本最大級であるところの120000本以上の最新映画や今期アニメ・今期ドラマの見逃し配信、更には人気過去作品など様々なタイトルを視聴することが出来ることですね。

さらに登録後31日間アニメを無料でお試しいただくことが可能になる『トライアルキャンペーン』を実施しているため、非常にオススメです(^o^)

 

『U-NEXT』は月額料金1990円(税抜)で毎月1200ポイント付与もあり、対象の動画が見放題になるシステムと、レンタル(個別課金)や購入(買い切り)することで動画を観ることができるシステム「PPV」の両方を採用しています。

もちろん、付与された1200ポイントでお得にご利用可能です!

 

さらに『U-NEXT』ではVOD配信サービスでは珍しい、雑誌や漫画・書籍といった電子書籍も楽しむことができます。

さらにさらに『U-NEXT』は動画、電子書籍だけじゃなく、別途月額490円で音楽の聴き放題もあるんです♫

懐かしの曲から最新のヒット曲、さらに映画・ドラマ・アニメの主題歌に加え、英会話などの語学系の番組も聴くことができます。

 

『U-NEXT』の特徴を簡単にまとめると

・毎月1200ポイント付与

・日本最大級の120000本以上の配信数

・テレビアニメやドラマの見逃し配信が充実

・アニメ、ドラマ、映画の過去人気作品が豊富

・バラエティに富んだ映画

・電子書籍や音楽も扱っている

・4人までアカウントを共有できる

 


↓   ↓   ↓
『未確認で進行形』をU-NEXTで無料視聴!

ビデオマーケットの特徴


ビデオマーケットは、株式会社ビデオマーケットが運営する動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、お笑いなどを200,000本以上配信しています。

数多くあるVOD(ビデオオンデマンド)の中で総配信数はトップクラスです。

また、ビデオマーケットでは『月額500円のプレミアムコース』と『月額980円のプレミアム&見放題コース』の2種類あり、どちらも初月31日間無料で利用できるというメリットがあります。

さらに、毎月540ポイント付与されるため、有料作品も楽しめますし、

レンタル開始前に新作映画などが見れちゃうのです♫

 

ビデオマーケットのサービスの特徴やポイント をまとめると、

・総配信数は日本最大級でトップクラス

・毎月540ポイントの付与

・デジタル先行配信でレンタルよりも早く視聴可能

・ポイントで最新作の映画も月に1~2本視聴可能

・VODでは珍しい『お笑い』の動画が観れる!


↓   ↓   ↓
『未確認で進行形』をビデオマーケットで無料視聴!

さて、ここまで見ていただきありがとうございます。

未確認で進行形は、制作会社である動画工房の作品でも名作と言われる部類の作品です。実際人気も高く、2期の放映を待ち望んでいるファンも見受けられます。

もし、まだ視聴したことがないという方がいましたら、この機会に視聴して見てはいかがでしょうか。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク