魔法科高校の劣等生の2期の放送日はいつ?原作と円盤売上で考察!

魔法科高校の劣等生は同名のライトノベル原作をもとに作られた深夜アニメです。

「超能力」と呼ばれていた能力が「魔法」として体系化された世界での、主人公の劣等生の兄・司波達也と優等生の妹・司波深雪の高校生活を中心とした学園バトルアクションとなっています。

司波兄妹の特殊な関係や魔法を使った戦闘シーン、達也の劣等生とは思えない才能など見所の多い作品に仕上がっていると言えます。

 

この記事では、そんな魔法科高校の劣等生のアニメ2期の可能性に関して、考察したいと思います。

スポンサーリンク

○考察の前に…魔法科高校の劣等生ってどんな話?

↓   ↓   ↓   ↓

魔法科高校の劣等生をもう一度見よう!

 

上記でも述べたように、作品のテーマは主人公・司波達也とその妹・司波深雪の高校生活です。

高校生になった達也と深雪は国立魔法大学付属第一高校に入学します。

第一高校の生徒は入学した時から、エリートとしての将来が約束されている「一科生」とその補欠「二科生」に分けられており、一科生と二科生の間には格差があります。

二科生の達也は深雪や同じクラスの友人の レオやエリカ達と楽しい高校生活をおくろうとするも、一科生と二科生の格差問題やテロリスト達との戦いなどのトラブルに巻き込まれ、それを圧倒な力で解決していきます。

様々なトラブルを乗り越えるたびに、達也は周りの人に認められ評価されるようになります。

何度も述べているように、作品の内容は達也と深雪の高校生活ですが、可愛い女の子が多いので、ハーレム系アニメが好きな方、魔法を使った戦闘シーンもあるため、戦闘シーン好きの方も楽しめる作品に仕上がっています。

また、達也達が使用した魔法の解説も細かく説明してるシーンが多いので、誰にでも楽しめる作品と言えるでしょう。

 

○魔法科高校の劣等生2期考察1・原作ストックはどれくらい?

ライトノベルが原作となっているアニメの気になる点というと、原作ストックの量です。

例え人気があるアニメでも、原作ストックがないために、続編がなかなか始まらないアニメなども多くあります。

では、魔法科高校の劣等生に関してはどうなのかを調べてみると、2017年4月10日現在までに、21冊の単行本が発売されています。

アニメでは、最終話の26話までに単行本1巻〜4巻、6巻〜7巻の計6巻のエピソードが 消化されていますから、原作の消化ペースは少し早いと言えます。

また、2017年6月17日に公開予定の劇場版魔法科高校の劣等生星を呼ぶ少女は、ホームページによると完全新作オリジナルストーリーだと言われています。

つまり、映画で原作は消化されません。

原作は現在21巻まで発売されており、アニメ1期で1巻〜4巻、6巻〜7巻を消化されていることを考えても、まだ15冊あるため、2期への原作ストックは十分と言えます。

スポンサーリンク

 

○魔法科高校の劣等生2期考察2・アニメ人気は?

いくら原作ストックがあっても、アニメ自体の人気がなければ 、アニメの続編は難しいでしょう。

では、魔法科高校の劣等生の場合はどうでしょうか?

アニメの人気を計る指標としてBlu-ray Disc/DVDの売上があります。

魔法科高校の劣等生の売上は下記の通りです。

 

巻数      売上枚数BD/DVD

01巻   10,712/2,578合計13,290枚

02巻   10,425/2,805合計13,230枚

03巻    9,416/2,455合計11,871枚

04巻    6,193/4,622合計10,815枚

05巻    8,553/2,129合計10,682枚

06巻    8,762/2,064合計10,826枚

07巻    8,645/2,165合計10,810枚

08巻    7,900/2,244合計10,144枚

09巻    7,925/1,916合計9,841枚

10巻    8,232/2,244合計10,476枚

 

一般的にアニメ続編のハードルはBD/ DVD売上の平均が5000枚以上と言われています。

魔法科高校の劣等生のBD/DVD1巻〜10巻の平均売上枚数は11,198枚なので、基準を大きく上回っています。

 

○以上を踏まえた魔法科高校の劣等生2期放送の可能性

BD/DVDの売上枚数から魔法科高校の劣等生のアニメが人気があったことがわかります。

また、原作ストックの量も十分な量と言える量があります。

そのことから魔法科高校の劣等生のアニメの続編が作られる可能性は高いと言えます。

ですが、いつ放送するかは予測が出来ません。

魔法科高校の劣等生は電撃文庫から刊行されていますが、電撃文庫は2期製作が遅いと言われています。

そのために、2期製作待ちしている作品は多く、いつ2期が放送されるか予測できないというわけです。

2017年4月10日現在、劇場版公開を記念してアニメ1期を再放送していますので、見たことない方も見たことある方も最後まで楽しみましょう。

 

○まとめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

簡潔にまとめさせていただきますと、魔法科高校の劣等生の続編の可能性は高いですが、いつ放送されるかは予測できないと言う結論になります。

ですので、視聴者のみなさんは、2期を楽しみに待ちましょう!

興味がある方は、1度原作を呼んでみてはいかがでしょう?

『魔法科高校の劣等生』は、

U-NEXT』で映画が

ビデオマーケット』でアニメの配信を行っています。

それぞれの動画配信サービスの特徴をご紹介しますので、ぜひ自分の趣味の合ったサービスを選びましょう!

ちなみに全ての動画配信サービスには『無料期間キャンペーン』がありますので、安心してご利用できますよ♫

 

 

U-NEXTの特徴


『U-NEXT』の特徴としては日本最大級であるところの120000本以上の最新映画や今期アニメ・今期ドラマの見逃し配信、更には人気過去作品など様々なタイトルを視聴することが出来ることですね。

さらに登録後31日間アニメを無料でお試しいただくことが可能になる『トライアルキャンペーン』を実施しているため、非常にオススメです(^o^)

 

『U-NEXT』は月額料金1990円(税抜)で毎月1200ポイント付与もあり、対象の動画が見放題になるシステムと、レンタル(個別課金)や購入(買い切り)することで動画を観ることができるシステム「PPV」の両方を採用しています。

もちろん、付与された1200ポイントでお得にご利用可能です!

 

さらに『U-NEXT』ではVOD配信サービスでは珍しい、雑誌や漫画・書籍といった電子書籍も楽しむことができます。

さらにさらに『U-NEXT』は動画、電子書籍だけじゃなく、別途月額490円で音楽の聴き放題もあるんです♫

懐かしの曲から最新のヒット曲、さらに映画・ドラマ・アニメの主題歌に加え、英会話などの語学系の番組も聴くことができます。

 

『U-NEXT』の特徴を簡単にまとめると

・毎月1200ポイント付与

・日本最大級の120000本以上の配信数

・テレビアニメやドラマの見逃し配信が充実

・アニメ、ドラマ、映画の過去人気作品が豊富

・バラエティに富んだ映画

・電子書籍や音楽も扱っている

・4人までアカウントを共有できる

 


↓   ↓   ↓
映画『魔法科高校の劣等生』を無料視聴!

 

ビデオマーケットの特徴


ビデオマーケットは、株式会社ビデオマーケットが運営する動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、お笑いなどを200,000本以上配信しています。

数多くあるVOD(ビデオオンデマンド)の中で総配信数はトップクラスです。

また、ビデオマーケットでは『月額500円のプレミアムコース』と『月額980円のプレミアム&見放題コース』の2種類あり、どちらも初月31日間無料で利用できるというメリットがあります。

さらに、毎月540ポイント付与されるため、有料作品も楽しめますし、

レンタル開始前に新作映画などが見れちゃうのです♫

 

ビデオマーケットのサービスの特徴やポイント をまとめると、

・総配信数は日本最大級でトップクラス

・毎月540ポイントの付与

・デジタル先行配信でレンタルよりも早く視聴可能

・ポイントで最新作の映画も月に1~2本視聴可能

・VODでは珍しい『お笑い』の動画が観れる!


↓   ↓   ↓
魔法科高校の劣等生を無料視聴!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク