喰フ女の1巻の感想やあらすじ!評価やレビューも紹介!

エロティックサイコサスペンス

「喰フ女」(甘詰留太)

についての1巻の「あらすじ」や「感想」、「評価・レビュー」や「オススメの電子書籍」などについて紹介していきます。

 

それでは最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

喰フ女

↓   ↓   ↓

喰フ女を読んで見よう!

 

この漫画内には、遺言バンクというSNSがあります。

そこには、死にたいと思っている人が思い思いに遺言を書き込むのです。

遺言は、SNSにアップされ、共有され、その遺言を見た人がそれについて、返信を書き込んだり、批評したりして使っています。

死にたい人同士で励まし合い、死を食い止めるという役割の遺言バンク。

しかし、登録者が何人も失踪してるという話があるのです。

 

主人公は、神代真澄という女医です。

真澄が遺言バンクに登録して死にたいと思っている登録者を次々と殺害しているのです。

順という患者が真澄の遺体処理を手伝いすることになります。

死体を切り刻んで細かくしていく真澄。

そんな姿に順は、吐き気を催してしまいます。

そして、順は正義感から真澄に対して批判します。しかし、真澄は死にたがりの死は私が決めると言い、一蹴しました。

 

その翌日、順は病院に向かいます。

そこで神代に会うためです。

真澄の犯行を自分が止めなくてはと思いながら、恐怖と戦います。

順が殺されると思った瞬間、真澄があ取り出したのは札束でした。

昨日の謝礼だと言い、順に渡します。

それと引き換えにまた手伝うように強要されました。

 

順は、次の犯行が行われる前に止めようとします。

警察に電話したり本人に直接警告しに行ったりします。

しかし、どれも相手にされず無駄に終わりました。

真澄は、次の標的の男に相手が思い描く女に擬態して、近づきます。

相手が信頼しきったところを殺害というのが真澄の手口です。

結局、犯行は予定通り行われ、順も手伝うはめになります。

これから順は、どうなってしまうのでしょう。

 

私の個人的な評価は、10点中7点です。

エロティックサイコサスペンスというだけあって、描写がとても色っぽいです。

何のために真澄はこのようなことをしているのか、順はこれからどうなってしまうのか、まだまだわからないところが多いですが、今後が気になる作品です。

 

スポンサーリンク

 

喰フ女を電子書籍で読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍の方が断然お得!

コミックで購入するよりかは、電子書籍のほうが30円〜100円程度安く購入することが可能です。

 

現在新規会員登録者に50%OFFクーポンをプレゼント中

Tポイントが貯まる

メルマガ会員限定で半額クーポンが配られることも

1日1回回せるクーポンガチャで50%OFFクーポンゲットの可能性も

 

以上がBookliveのお得情報です。

定期的に半額クーポンをもらえるということで、普通にコミックスで購入するよりもかなりお得に漫画を購入できるようになりますね( ´∀`)

 

↓   ↓   ↓

喰フ女を読んで見よう!

もちろん購入しなくても立ち読みも可能ですので、是非無料登録をしてしまいましょう!

 

最近の話題作も立ち読みすることができますので、オススメですよ!
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク