君は春に目を醒ますの1巻の感想やあらすじ!評価や電子書籍も紹介!

La・Laに掲載中の

「君は春に目を醒ます」(縞あさと)

についての1巻の「あらすじ」や「感想」、「評価・レビュー」や「オススメの電子書籍」などについて紹介していきます。

 

それでは最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

君は春に目を醒ますの1巻の感想やあらすじ!評価も紹介!

 

↓   ↓   ↓

君は春に目を醒ますを読んで見よう!
主人公は、小学4年生の絃という女の子です。

絃は、いつも弥太郎にいじめられ、毎日泣いてばかりいました。

そんな泣き虫絃を庇い、助けてくれたのは、7歳年上の千遥でした。

しかし千遥は、病気の治療のために7年もの間、コールドスリープという治療を受けることになります。

コールドスリープとは、人工的に人間を冬眠させる治療法で、7年間起きることはありません。

 

7年後、千遥が遂に目を覚まします。

7年の歳月は、小学4年生だった絃を千遥と同じ学年にさせました。

絃にとって憧れだった千遥は、年上のお兄さんから同級生になりました。

しかし、千遥にとって7年の歳月は長く、理解が追い付かないところもあります。

周囲にとったら7年という長い期間でも、千遥にとっては一晩のようなものなのです。

そして、妹のように大切にしていた絃が今は、自分と同じ学年になっていたのです。

 

7年の歳月の中に取り残されたような孤独感を感じる千遥。

千遥は、不安をぼやきます。

しかし、絃は不安を拭ってあげるように優しい言葉をかけ、千遥を励まします。

目を覚ました千遥に嫉妬する人物が現れました。

それは、昔いじめっ子だった弥太郎です。

弥太郎は、絃に想いを寄せていたのです。

そんな想いに気づかずに絃は、千遥への好意を再確認し気恥ずかしくなっていました。

 

絃と千遥がテストの話題を話いていると、お互い数学が苦手なことが発覚。

たまたま通りかかった弥太郎に教えてもらうことになります。

千遥に協力したくない弥太郎ですが、絃からのお願いは断れません。

楽しそうに話す絃と千遥に複雑な思いを秘め、勉強を教えます。

弥太郎の想いに気づいた千遥は、絃が席を外した隙に話しかけます。

これから、この3人はどうなっていくのでしょう。

 

私の個人的な評価は、10点中9点です。

これから巻き起こる三角関係が目に見えるので、最終的に絃と恋仲になるのか、とても気になります。

絵がとても好みで、とても好きです。これからの3人から目を離せません。

スポンサーリンク

君は春に目を醒ますを電子書籍で読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍の方が断然お得!

コミックで購入するよりかは、電子書籍のほうが30円〜100円程度安く購入することが可能です。

 

現在新規会員登録者に50%OFFクーポンをプレゼント中

Tポイントが貯まる

メルマガ会員限定で半額クーポンが配られることも

1日1回回せるクーポンガチャで50%OFFクーポンゲットの可能性も

 

以上がBookliveのお得情報です。

定期的に半額クーポンをもらえるということで、普通にコミックスで購入するよりもかなりお得に漫画を購入できるようになりますね( ´∀`)

 

↓   ↓   ↓

君は春に目を醒ますを読んで見よう!

もちろん購入しなくても立ち読みも可能ですので、是非無料登録をしてしまいましょう!

 

最近の話題作も立ち読みすることができますので、オススメですよ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク