鬼滅の刃の最新刊8巻の発売日はいつ?煉獄VS上弦の参ネタバレ!

タイトル「鬼滅の刃最新巻8巻の発売日はいつ?」

2016年11月号より連載が開始された『鬼滅の刃』

この作品は読み切りや基になる作品が読み切りとしてジャンプに掲載されていましたので、編集部もそれなりに期待している作品なのではないかと思われます。

 

現在、『鬼滅の刃』は7巻まで既刊されているため、今回の記事では、『鬼滅の刃』の最新巻8巻の発売日をご紹介していこうかと思います。

さらに、8巻のネタバレ『煉獄VS上弦の参』の結末もご紹介しますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の最新巻9巻の発売日はいつ?

現在、週刊少年ジャンプの公式HPには『鬼滅の刃』の最新巻8巻の発売日は公表されていません。

なので、今回の記事では今までの発売日の傾向を参考に『鬼滅の刃』の最新巻8巻の発売日を予想していきたいと思います。

まず、『鬼滅の刃』の第7巻がいつ発売したのかというと、2017年8月のことでした。

週刊少年ジャンプは連載に大きな穴や長期休暇がない限りは、3ヶ月に1回のペースで単行本を出しています。

 

それなので、次の発売日は2017年の11月あたりに予想されます。

他の作品と比べてもこれくらいのペースででているので、何らかのハプニングがない限り大丈夫でしょう。

 

さて、『鬼滅の刃』なのですが今のジャンプには珍しいタイプの漫画ですね。

なにが珍しいかというと、時代物のシリアス漫画は今のジャンプはありませんからね。

私の見解ですが、私は『鬼滅の刃』はあまり話の内容や絵があまり好きではありませんでした。

正直、読み切りの作品からも展開的に連載に持って行くのが続くとは思いませんでした。

 

しかし、今は週刊少年ジャンプで1年以上連載が続き人気もだいぶ安定してきました。

私自身も3巻が出たあたりから作品を見直してみました。

友だちの強いすすめもあったのですが、私自身も呼んでて楽しくなってきました。
いまではキャッチフレーズがシリアスな場面やハードな激写などが多かった漫画だったのですが、最近ではコメディなシーンや柔らかい場面が多くなってきていると思います。

 

それによって読者が安心してみることができるシーンが増えてきたことにより、読者が増えたのが人気安定の理由だと思います。

 

あくまでも予想ですが、参考までに頭の片隅にでも入れておいて下さいね。

これからの展開に十分に期待することができるの話題作なので『鬼滅の刃』の最新巻にも期待したいですね!

スポンサーリンク

 

煉獄VS上弦の参ネタバレ!

下弦のほとんどは無残によって倒されてしまったのですが、唯一生き残った壱は、無残の血を与えられてさらにパワーアップする。

そしてその眠り鬼は炭次郎や煉獄たちを夢の中で葬ろうとしたのですが、失敗に終わります。

 

そして最後、炭次郎の『ヒノカミ神楽』にて倒されます。

ということは炭次郎はもう下弦の壱を倒せるほどの実力者となったということですね。

 

その後、突如として煉獄や炭次郎の前に上弦の参が現れます。

圧倒的な強さを誇るのですが、煉獄とは五分五分の戦い。

その中には入れないもどかしさを炭次郎と伊之助は感じてしまう。

 

そして決着は煉獄の敗北。

煉獄は、ここで命を落としました。

ですが上弦の参もギリギリでした。

日の光が差し込み、上弦の参は逃げ出しますが、炭次郎は追います。

最後に刀を投げ上弦の参の胸を貫きます。

それでもトドメとはならず、結局逃げられてしまいました。

 

こうして、煉獄はこの地にて生涯を終える。

 

鬼滅の刃を電子書籍で読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍にしたほうが良いですよ。

特に20〜50%OFFやポイント還元といったなにかしらのキャンペーンを常に実施している『ebookjapan』が非常にオススメ!


50倍のポイント付与といった超お得なキャンペーンも実施していることもあったり、

「新刊オート便」という機能で新刊を購入するとポイントが5倍になったりします。

漫画やライトノベルなどを購入する度にポイントが貯まっていくので、普通に単行本を買うよりもずっとお得!

↓   ↓   ↓

鬼滅の刃を電子書籍で読もう!

立ち読みもできてしまうので、非常にオススメですね。

コミックは買えば買うほどに置き場に困ってしまうことがありますが、

電子書籍はコミックとは違って、一つの画面でいくつもの作品を楽しむことが出来るため、置き場に困ることは一切ありませんよ。

登録だけなら無料ですので、悩んでいる方は登録だけでもしてしまいましょう!
それでは最後までご覧いただきありがとうございました。
それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク