ベン・トーの2期の放送日の決定はいつ?放送予定や可能性はある?

「ベン・トー」は”アサウラ”氏のライトノベルを原作として、2011年に放送されたテレビアニメです。

ストーリーは、寮暮らしをして貧乏生活をしていた、本作の主人公である高校一年生“佐藤 洋(さとう よう)”の視点から描かれており、とある日に晩ご飯を買いへふらっと立ち寄ったスーパーで、半額シールを貼られた弁当に手を伸ばすと、その直後に意識を失い、目を覚ましたとき彼は精肉コーナーの前で倒れていたのでした。

そして、既に半額弁当も消えており、残っていた惣菜もその場にいた他の人に買われていき、落胆しながらも仕方なく売れ残った梅おにぎりを手に取ろうとした際に、同じ高校に所属する、メガネをかけた少女“白粉 花(おしろい はな)”と出会うのでした。

 

この記事では、そんな「ベン・トー」のアニメ2期の可能性に関して、これまでの円盤売上や原作ストック量などを参考にしながら、考察したいと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

その前に、「ベン・トー」ってどんな話?

↓   ↓   ↓   ↓

ベン・トーを見よう!

 

上記の通り、ストーリーは、寮暮らしで貧乏生活をしていた、高校一年生“佐藤 洋”の視点から描かれ、ある日晩ご飯を買いに立ち寄ったスーパーで、半額シールを貼られた弁当に手を伸ばすと、

何故か意識を失い、目を覚ましたときに彼は精肉コーナーの前で倒れていて、結局半額弁当も消えていて、残っていた惣菜もその場にいた他の人に買われていき、売れ残った梅おにぎりを手に取ろうとした際、同じ高校の白粉花と出会います。

 

気になった佐藤は、翌日も同じスーパーに向かってみると、再び気を失ってしまい、目覚めた後に店員から聞いた“氷結の魔女”なる存在の話を聞き、気になった佐藤は翌日からスーパーに通い詰め、

“氷結の魔女”であり、同じ高校の上級生である2年生の “槍水 仙(やりすい せん)”から、狼と呼ばれる者達との争い、つまり“半額弁当争奪戦”について説明をされ、佐藤もこの戦場へと足を踏み入れることとなります。

 

そして、何やかんやで佐藤と白粉は、槍水が会長を務める同行の“HP(ハーフプライサー同好会)”へ入部することになり、半額弁当の戦いにおけるルールや各スーパーの場所、そして半額になる時刻の目安を教わり、

早速二人はスーパーへ向かうが、中々半額弁当を手に入れることが出来ず、苦戦を強いられつつも、ようやく念願の半額弁当を手に入れ、さらなる戦いに身を投じていくこととなるのでした。

 

「ベン・トー」考察1・原作ストックはどれくらい?

アニメ続編の気になる点と言えば、原作ストックの量です。

人気のあるアニメでも、原作ストックがないために続編が制作されないと言うアニメも多くありますよね。

では、「ベン・トー」の場合はどうかと言うと、1期では2014年2月時点で既刊12巻中の3巻までを消費しているので、2期放送に必要なストックはかなり潤沢に残っているという印象ですね!

 

スポンサーリンク

「ベン・トー」考察2・これまでのアニメ人気は?

アニメの続編制作には、アニメ自体の人気も大きく関わってきます。

原作ストックが有っても、アニメ自体に人気がなければ、アニメの続編は難しくなります。

では、「ベン・トー」の場合はどうでしょうか?

アニメの人気を計る指標としてBD/DVDの売上があります。
「ベン・トー」の売上は下記の通りです。

「ベン・トー」【全6巻】 ※一部、不明な情報は***で書いています

巻数 初動売上枚数BD/DVD
01巻 2,101/*,*** 合計 *,***枚

02巻 1,996/*,*** 合計 *,***枚

03巻 1,726/*,*** 合計 *,***枚

04巻 1,753/*,*** 合計 *,***枚

05巻 1,632/*,*** 合計 *,***枚

06巻 1,645/236 合計1,881枚

一般的にアニメ続編のハードルはBD/ DVD売上の平均が5000枚以上と言われています。

「ベン・トー」のBD/DVDは1~6巻の初動売上枚数しか判明していませんが、平均2,000枚弱なので、基準をかなり下回っていると言えます。

 

「ベン・トー」放送の可能性

原作ストックの量やBD/DVDの平均売上枚数から、「ベン・トー」のアニメ化の可能性はかなり低いと言えそうです。

仮にアニメ化するとしたら、前回放送から時間が経ってしまっているのが懸念ですが、可能性としては、早ければ2018~2019年中に制作発表、2019~2020年に放送開始という流れがスムーズかも知れませんね。

 

まとめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

簡潔にまとめさせていただきますと、「ベン・トー」のアニメ化の可能性は、現時点でかなり低いという結論になります。

コミカライズ版、インターネットラジオも過去には展開していたものの、それらも終了から時間が経ってしまっている為、すぐにアニメ化続編は難しいかも知れませんね。

スポンサーリンク

ベン・トーをもう一度視聴したい!

『ベン・トー』は、
動画配信サービスU-NEXTで無料視聴や見逃し配信を行っています!

なんと今U-NEXTでは、登録後31日間アニメを無料でお試しいただくことが可能になる『トライアルキャンペーン』を実施しているため、非常にオススメです(^o^)

U-NEXTの場合、最新映画や今期アニメ・今期ドラマの見逃し配信、更には人気過去作品など様々なタイトルを視聴することが出来るのです!!

↓   ↓   ↓   ↓

ベン・トーを見よう!

 


ネット上にはアニメを無料視聴できる『違法アップロード』のサイトが数多く存在しています。

『違法アップロード』されている動画は当然違法です!

 

・アニチューブ(anityube)

・デイリーモーション(Dailymotion)

・ユーチューブ(YouTube)

 

とかが『違法アップロード』されている動画が配信されていますが絶対に視聴しないことです。

 

ダウンロードしてしまうと違法ダウンロードの罰則により『2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科』となる可能性があります。

なので今回ご紹介した『U-NEXT』のような『公式』の動画配信サイトから動画を視聴すれば100%安心ですよ(*´ω`*)

 

僕も登録して31日間無料トライアルを試してみたのですが、その期間中は多くのアニメ視聴を『高画質』で楽しんで、

そして超簡単に解約することが出来たので、最初から最後まで安心安全でした!

 

アニメは『ベン・トー』以外にも、

ダンまち

この素晴らしい世界に祝福を!

ソードアートオンライン

弱虫ペダル

魔法科高校の劣等生

とかとか、

この他にも放送されたばかりのアニメの最新話が配信されたり、

最新の映画をDVDレンタル前に視聴することができちゃうことが多いので、

U-NEXTは本当にオススメ!

 

※『31日間無料トライアルキャンペーン』はいつまで続くかは分からない!

U-NEXTはいつでも解約できますし、無料期間中にも解約が可能となっています。

無料期間中に解約すれば、当然料金は発生しません!

なので、このお得な期間中に登録しておいて損はないですよ(*´ω`*)

 

ベン・トーを見よう!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク