四代目の花婿の1巻の感想やあらすじを紹介!評価や電子書籍も!

裏サンデー に連載中の
「四代目の花婿」(小野 ハルカ)
についての「あらすじ」や「感想」「評価」などについて紹介していきます。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

四代目の花婿のあらすじや感想、評価を紹介!

 

↓   ↓   ↓

四代目の花婿を読んで見よう!

 

主人公は八剱 燈子(やつるぎとうこ)18歳、極道組織「八剱組」組長の長女で神田修羅道(かんだしゅらどう)高校3年、通称「神田の不死神(イモータル)」 絶賛花婿探し中
日本では科学技術の発達により、男でも女でも妊娠が出来るようになった。

そして燈子の母、三代目組長の百合は女性初の女組長だった。

そのため、燈子の父、剛太郎は科学技術を使い、燈子とその妹を出産した。

燈子も母、百合と同じように子供を産んでくれる花婿を探すが、極道の世界ではまだまだ男が組長であることが主流であり、女に孕まされることは恥だと考えられているため、困難であった。

燈子は花婿探しにいくつかの組に訪れるが、どこも燈子が現れると彼女を恐れ、花婿探しは困難を極めた。

 

しかし、燈子は自分が日本極道会のトップになり、世の基準を変えるということを諦めることはなかった。

そんなある日、燈子に1本のメールが入る。それは母である百合が生前、気をつけろと言っていた男、巌竜会会長、十文字辰巳からであった。

十文字には燈子を食事に誘うと、高校を卒業したら結婚をしないかという話を持ちかける。

しかし、それを一蹴した燈子はそこでまた、組長になることを強く誓った。

すると、十文字は燈子の父、剛太郎を”女に孕まされた変態野郎”と馬鹿にし、燈子を煽る。

そこで手を出しそうになった燈子を止めたのが八剱組若頭で「ステルス若頭」という通り名を持つ逢坂 雪人だった。

 

そして「この人は俺と結婚する予定なんで お嬢 お嬢の子供は俺が生みますよ…!」という一言を放った。

 

私の個人的な評価は10点9点です。

絵も見やすく、話の流れもつかみやすく、読んでいて不可解な点はありませんでした。

また、ストーリーも独自性があり、つい次の話を読みたくなる、そんな作品です。

燈子と逢坂、そして八剱組の今後が楽しみです。

 

四代目の花婿を電子書籍で読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍の方が断然お得!

コミックで購入するよりかは、電子書籍のほうが30円〜100円程度安く購入することが可能です。

 

現在新規会員登録者に50%OFFクーポンをプレゼント中

Tポイントが貯まる

メルマガ会員限定で半額クーポンが配られることも

1日1回回せるクーポンガチャで50%OFFクーポンゲットの可能性も

 

以上がBookliveのお得情報です。

定期的に半額クーポンをもらえるということで、普通にコミックスで購入するよりもかなりお得に漫画を購入できるようになりますね( ´∀`)

 

↓   ↓   ↓

四代目の花婿を読んで見よう!

もちろん購入しなくても立ち読みも可能ですので、是非無料登録をしてしまいましょう!

 

最近の話題作も立ち読みすることができますので、オススメですよ!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク