1000円ヒーローのあらすじと感想を紹介!評価や電子書籍も!

裏サンデー に連載中の

「1000円ヒーロー」(焼き芋ハンサム斎藤)

についての「あらすじ」や「感想」「評価」などについて紹介していきます。

スポンサーリンク

1000円ヒーローのあらすじと感想、評価を紹介!

↓   ↓   ↓

1000円ヒーローを読んで見よう!

主人公は日朝 千(ひあさ せん)、超極貧生活を送っている高校2年生。

重度のシスコンで妹に貧乏な思いをさせないために、日々自分の身を削りながらアルバイトをして生活を繋いでいる。

そんな哀れな日朝を見てクラスメイトであり、男子からの人気も高い天崎 恵理(てんざき えり)は、弁当を分けるなどして助けている。

 

ある日、日朝は怪人と出会い、たった100円を巡って対立してしまう。

怪人の怒りを買い、日朝は絶対絶命・・・と思ったがそこに現れたのがヒーロー、「レート1 ヒーロー つなぎマン」 レート1のヒーローには到底叶わない相手だったが、なんとつなぎヒーローによってその場は収められた。

ヒーローにはそれぞれ「レート」というものが存在しており、レートの数によって1秒間にいくらで戦えるのかが変わってくる。

レート100のヒーローは1秒戦うのに100円必要になるが、ヒーロー団体に所属している場合、戦うことで報酬を得ることが出来る。

最低レートはレート1で、レート1のヒーローでも銃弾をもものともせず、熊程度なら制圧することができる力を持つ。

レート100にもなると、たった1人でも人間の戦争を止めることが出来ると言われている、ヒーローはいわば選ばれた人間なのだ。

 

日朝の内情を知っている天崎は、日朝にレート100のヒーローの平均年収は億越えであることを伝え、どこか団体に所属してはどうかと勧めるが、日朝は

「妹にビンボ臭ぇ思いをさせない・・・それはある意味指名だ」

と言い張り、のんきに生活をしていた。

しかし、そんなとき、妹の乗るバスがバスジャックに遭ったというニュースが日朝の元に届くと、日朝は一瞬で天崎の前から消えて行った。

そう、日朝こそがレート1000のヒーローであり、朝の事件を解決したのも日朝自身だった。

ヒーローになるたびに減っていくお金、しかしそんなことは気にしない極貧ヒーロー日朝千はどうなっていくのか・・・!!

 

私の個人的な評価は10点中8点です。

ストーリーや設定がこまれていて読み応えがあり、次回も読みたい!という気持ちになります。

今後どのようなストーリーになっていくのかに期待です。

スポンサーリンク

1000円ヒーローを読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍の方が断然お得!

コミックで購入するよりかは、電子書籍のほうが30円〜100円程度安く購入することが可能です。

 

現在新規会員登録者に50%OFFクーポンをプレゼント中

Tポイントが貯まる

メルマガ会員限定で半額クーポンが配られることも

1日1回回せるクーポンガチャで50%OFFクーポンゲットの可能性も

 

以上がBookliveのお得情報です。

定期的に半額クーポンをもらえるということで、普通にコミックスで購入するよりもかなりお得に漫画を購入できるようになりますね( ´∀`)

 

↓   ↓   ↓

1000円ヒーローを読んで見よう!

もちろん購入しなくても立ち読みも可能ですので、是非無料登録をしてしまいましょう!

 

最近の話題作も立ち読みすることができますので、オススメですよ!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク